【自分探し】 第1章「揺らぐ自分」

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

自分壊れる

ここ数年自分にとって大きな波が複数ありました。

まず大きかった波は2年前の夏・・・人生で初めてうつ病になりました。

原因は初めての正社員、上司たちのパワハラ、終わらない残業、人間関係、自信喪失・・・

詳しくは下記の「うつ病発症物語」をご覧ください。

【うつ病発症物語】
「うつ病発症物語」は著者が適応障害からうつ病を発症したことについて、当時の生々しい記憶を呼び起こしながら葛藤や悩み、回復するためにやったこと、仕事について働き始めることができるようになるまでを描いた2018年11月17日から2019年4月2...

この体験は本当に自分自身が戸惑うほどに自分というものがわからなくなるものでした。

今までできていたことが全くできない!動けない!すぐに疲れる!今までなかった症状が・・・自分が自分でなくなる感覚、壊れてしまったという認識

回復には時間がかかりつつも、なんとかなりそうと判断して仕事を開始するも、症状も今まであまりなかったパターンが出て大苦戦それを詳しく書いたのが「おしごと再起動」です。

【おしごと再起動 】
「おしごと再起動」は「うつ病発症物語」の続編。 著者は適応障害からうつ病を発症し、自信をすっかり喪失して心身ともに動けなくなりました。 ようやく回復してきて胸に浮かんできたのは「果たして自分は再び働くことができるだろうか?」という気持ちでし...

しばらく休んだ後に他の仕事をすると、やや不安定な面はありましたが自分をしっかり持って取り組むことができました。その模様は「しごとリベンジ」に詳しく書いています。

【しごとリベンジ ~うつ病に封印された力を解放せよ~】
うつ病を発症して1年が過ぎた・・・ 半年が経って不安を抱えながら挑戦した仕事復帰は残念な結果に終わった・・・ 自信をなかなか取り戻すことができない自分は不意に訪れたあるメッセージを基に行動を開始する かつての惨敗を巻き返すために・・・ 失わ...

その後、回復も順調に進み、なんとか抗うつ薬も断薬し、その後も別の仕事をしても問題ないレベルでこなせるようになりました。それらを通じて、自信は垣間見えるようになりましたが、すぐにぐらつくような感覚はぬぐえないままでした。

春からの異変

今年の春!

昨年同様に同じ方々と仕事をしたのですが、症状は軽くなったものの、再び自分を見失うことに・・・。

日々職場に行くのがつらくなり、自信も喪失していく・・・ため息ばかりが増えていき、反芻も始まって悪循環の流れを止めることができませんでした。

自分が揺らいでいる!

  • なぜこんなことになってしまうのか?
  • なぜ自分がわからなくなってしまったのか?
  • どうして初歩的なミスをしてしまうようになるのか?
  • どうしたら回避できるのか?
  • なぜ自分らしさを活かして仕事をすることができなくなるのか?

短い期間で自分の中でわきあがった疑問

この問いかけが自分探しの核となり、行動のきっかけとなります。

自分が以前と比べて、自身のイメージや強み・弱みなどが揺らいでいる

ならば、今の自分をこれを機にもう一度探してみようと思ったのです。

同じように苦しむ方も多く、参考になるのではないかと思い、綴っていくことにします。ぜひ読んでいただければ幸いです。よろしくお願いします。

続きの話はこちら

【自分探し】 第2章「天敵という存在」
前章のあらすじ 自分という存在が自身の中で揺らいでしまった流れについて書きました。よろしければ当記事を読む前に読んでいただけると嬉しいです。 期待は淡く・・・ 今回の仕事前半は、うつ病の症状もすっかり良くなり、前回の反省を活かして対策を取っ...

 


ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ 日記ブログランキング

コメント